精神科デイケア、重度認知症デイケア(医療デイケア)

 

医療デイケアとは・・・

・精神疾患(当クリニックではほとんどが認知症)をお持ちの方を対象に、食事や入浴などの介護サービスや日常

   生活機能訓練、 回復の為のリハビリテーションなどを日帰りで行い、 認知機能の進行予防、生活機能の改善

 (認知機能の維持・改善)につながる様々なプログラムを提供していくものです。

 

医療保険適用ですので「介護度に関係なく」ご利用できます。

 ・認知症の方の治療・リハビリテーションを目的としているので介護保険ではなく医療保険の適応です。    

 (医療保険を利用しますので介護保険は必要ありません)

・老人医療、公費負担制度(自立支援医療費)も適用になります。

  →多くの方が介護保険によるデイサービスよりも少ない負担でご利用いただけます。

「介護保険」と「医療保険」を組み合わせる ことで、介護保険によるサービスをさらに有効に利用  

    することができ、ご家族の介護負担の軽減、在宅の維持に繋がります。

 ※自立支援医療については下記「自立支援医療について」をご参照下さい。

 ※詳しくは、当クリニックのデイケア担当者にお問い合わせください。

送迎について

・送迎車での送迎可能なおおよその範囲は地図をご参照下さい。

・場合により範囲内でもお断りする場合もあります。

※範囲外でも送迎可能な場合もございますので、デイケア担当者にお問い合わせ下さい。

あけのメディカルクリニック デイケアの特色

環境

 

設備

デイケア専門棟で快適な環境のもと、効果的な各種療法を提供していきます。

医師、作業療法士、看護師、精神保健福祉士、介護福祉士が専門的な医療・福祉・リハビリテーションの側面からチーム医療によるトータルケアをさせていただきます。

天然温泉を完備し、広く開放的な浴室にて、ご利用者様に合わせたきめ細やかな介助のもとゆっくりとした快適な入浴を楽しんでいただきます。


               ※デイケアの活動の様子をブログにアップしています

施設情報

  • ご利用日  月曜日~土曜日 (祝日・お盆・年末年始を除く)

 

  • 精神科デイケア ご利用時間  9:30~15:30

※ご利用開始より1年間は利用制限はありませんが、2年目より週5日間のみのご利用となります。

※送迎時間に関しましては、お住まいの地域により異なりますので、スタッフにご相談下さい。   できる限りご希望に対応させて頂きます。

  • 精神科デイケア ご利用料金  医療保険が適用されます。

ご利用開始から1年以内の方  【1日】  820円(1割負担の方) ・ 2,470円(3割負担の方)

ご利用開始から1年以上の方  【1日】  770円(1割負担の方) ・ 2,320円(3割負担の方)

                             (昼食代、送迎代も含まれます。)

  • 重度認知症デイケア ご利用料金 医療保険が適用されます。

     毎日利用可。

ご利用開始から1年以内の方  【1日】 1,160円(1割負担の方) ・ 3,490円(3割負担の方)

ご利用開始から1年以上の方  【1日】 1,110円(1割負担の方) ・ 3,340円(3割負担の方)

                             (昼食代、送迎代も含まれます。)

 

後期高齢者制度限度額 12,000円(月)自立支援制度を適用することができます。

 年収等に応じての適用範囲となります。

 詳しくは、当クリニックにお問い合わせください。

 

自立支援医療について

2016年

3月

10日

2月の活動(デイケア)

重度認知症デイケア・精神科デイケア合同プログラム

 

2月3日(水)節分レク

この日は節分ということでいつもとは一味違うレクリエーションを行いました。

重度認知症デイケアでは豆の形をした球を投げて、風船鬼を遠くに飛ばすゲームをしました。

精神科デイケアは紅白対抗戦で鬼を標的に輪投げを行い、得点を競うゲームをしました。

レクリエーション後は、皆さん窓越しの鬼に向かって豆まきを行い、節分を楽しまれていました。

 

重度認知症デイケア 様子

精神科デイケア 様子

重度認知症デイケア

今月と来月にまたいで大分リハビリテーションの学生さんが10日間の実習に来ました。重度認知症デイケアにて皆さんと一緒に活動したり、先輩作業療法士の方々に専門的な内容の指導を受けたりしていました。利用者の皆さんは、学生さんとお話しするときは笑顔が多くなっていました。

精神科デイケア

2月10日(水)「創作活動」

この日は梅とメジロやウグイスを貼って、春を感じられるような作品づくりをしました。皆さん花びらの色や花や鳥の配置を考えながら作っていました。その為、作品が出来上がった後の皆さんの指は絵具やボンドでべたべたになっていました。


0 コメント

担当者 高倉、松井